読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORAS/S16使用構築 相思相殺ガルゲン [最高レート2179 最終2141/47位]

f:id:hyahha666:20170118174836p:plain f:id:hyahha666:20170118174854j:plain

今シーズンはガルーラゲンガー両方を最大限活かす事を考えた。
非常に強力なメガ枠であるこの2体であるが、それ故にミラーも多発し不安定である。特にメガゲンガーは同速勝負や襷ゲンガーの存在等不安定要素が多い。こちらのメガ枠を通すための最大の障害である相手のメガゲンガーの処理を目標にPTを組んだ。

[個体解説]

f:id:hyahha666:20170118181106p:plain

ガルーラ/ナイト 意地っ張り/肝っ玉

197(132)-191(228)-121(4)-/-135(116)-124(28)
猫だまし/秘密の力/空元気/不意打ち

メガ前
C222メガゲンガーの気合玉(88.3%~104.5%)乱数25% 命中非考慮
C190メガゲンガーの気合玉(76.1%~90.3%)

初手に呼びやすい相手のメガゲンガーに1:1をとらせたいガルーラ 1:1交換させられれば十分だが、こちらが生き残って突破できることもよくあった。

ガルーラとゲンガーを両選出し、相手の初手メガゲンガーをこちらはメガせずに突破or1:1交換しすることで、相手はメガ枠を消費しこちらのメガ枠が残っている状態を作る。そのままメガゲンを通す動きが理想。素ゲンガーだった場合も素ガルーラのまま突破し、相手の裏に控えているガルーラをこちらのメガゲンガーorゴツメで処理する。
ゲンガーの型を判別する為の猫だまし、幅広い範囲に対応できゲンガーへの麻痺も狙える秘密不意。気合玉や鬼火持ちゲンガー意識のD振り空元気。
空元気を持たせることでガルクレセに選出されやすい耐久アローやスイクン鬼火持ちゴーストへの打点にもなる。猫不意秘密により対面性能も高くメガガルーラとしても十分機能する。

f:id:hyahha666:20170118181128p:plain

ゲンガー/ナイト 臆病
149(108)-/-126(204)-190-115-192(196)
祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/道連れ

メガ前でA200ガブリアスの逆鱗(85.2%~101.3%)乱数6.3%

両メガ選出を多々するのでメガ進化しない場合でもパワーがあり、メガ進化させる場合に求められる最低限の1:1交換とエース性能を両立できるB振りの催眠祟り目。ガルーラの技範囲が狭く鋼入りのサイクル構築相手に選出しにくいのでゲンガーで崩していく。
初手ガルーラミラーした場合の引き先であり1:1交換を狙うがメガ進化する事が出来ないので、素直に1:1交換させてくれない場合も多く他の二体と合わせて上手く削って処理したい。

 

f:id:hyahha666:20170118181237p:plain

ガブリアス/拘りスカーフ 意地っ張り/鮫肌
183-200(252)-115-/-106(4)-154(252)
逆鱗/地震/ストーンエッジ/毒々

相手のガルーラに対する削りや、ガルーラでゲンガーを処理できない場合の処理を行うスカーフ。対面性能ストッパー性能も高い。ラス1ミラーになることもあったので陽気と選択。

 

f:id:hyahha666:20170118181311p:plain

クレセリア/ゴツゴツメット 図太い/浮遊

227-/-168-94-151-124 非理想のため実数値のみ
サイコキネシス/毒々/月の光/身代わり

初手ガルーラミラーの引き先2 。メガ進化させない場合のゲンガーではガルーラと1:1交換させてもらえないことも多いので物理受けとして採用。ガルクレセと並べておけば初手にゲンガーを呼びやすいと考えた。
猫ガルーラと相性の良い毒々、ガルーラミラーからお互いが物理受けに引いた場合に有利を取れるS振り身代わり。

f:id:hyahha666:20170118181802p:plain

霊獣ボルトロス/オボン 控えめ/蓄電

184-/107-182-100-136(非理想の為実数値のみ)
十万ボルト/目覚めるパワー氷/気合玉/悪巧み

water voice ネガティブコントロール(シングル)
調整はこちらのものを使用させて頂きました。調整内容はこちらでご覧下さい
ボーマンダ入りやナットレイ等辛いサイクル構築を広い技範囲と高火力で崩す駒。
このポケモン以外での対応が難しいポケモンもおり、足りない部分を埋める駒として機能した。

 

f:id:hyahha666:20170118181823p:plain

キノガッサ/気合の襷 陽気/テクニシャン
135-182(252)-101(4)-/-80-134(252)
茸の胞子/マッハパンチ/種マシンガン/岩石封じ

圧倒的な対面性能の高さから、障害である相手のゲンガーガルーラを処理しこちらのメガ枠+@1という状況を作れた場合に非常に強力。意地っ張りでないことで重要な乱数がずれる場合も多いが、昨期から意地ガッサ意識のS調整が多いと感じ陽気で採用した。
クチート軸やメガシンカ両方とも有効打のないバンギラスにも強い。ゲンガーを呼びやすいのもコンセプトにマッチしている。

 相手のメガガルーラメガゲンガーを素ガルーラ素ゲンガーで11交換し残った方のメガ枠を通すのが理想の動き。お互いにガルーラゲンガーで1:1交換しあった場合の為に3体目には対面性能の高いポケモンを置きたい。
 実際初手にメガゲンガーを選出される割合は非常に高く、また相手のメガゲンガーはこちらのガルーラと1:1交換をすることを最大の目的としている場合が多いので、コンセプトとしては上手く機能したといえる。

f:id:hyahha666:20170118175826j:plain

f:id:hyahha666:20170118175957p:plain